インターンで大変だったこと、それは…卒業生内田範之さんインタビュー第2回

FCAS卒業生 インタビュー 内田範之さん

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

フィレンツェ料理学園でインターンシップ後、そのままイタリア現地に就職、現在はジェノヴァでレストランのオーナーシェフを務める内田範之(うちだ のりゆき)さん。
イタリアでの修行時代から、レストラン経営に至るまでの経験をロングインタビュー!

今日は第2回目です。
フィレンツェでの語学レッスンが終わり、ついにジェノヴァのレストランに配属が決まった内田さん。インターン先での様子はどうだったのでしょうか?


Q1 : インターンシップが始まっていかがでしたか?

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

一番のネックは、イタリア語、言葉でした。
働くにあたって、イタリア語を理解できないと、説明されても理解できないわけで。
文化の違いについては、「郷に入っては郷に従え」じゃないですけど、こういう考え方なんだ、と理解できます。
でも、言葉は、そうはいきません。

もちろん日本で少しは勉強してから行きましたが、現地に行ったら全く歯が立ちませんでした。
YouTubeなどで勉強しても、実際のイタリア語はあんな綺麗に発音してくれないし、文法もちゃんとした文法で話してくれるわけじゃない。
本当に苦労しました。

なので、これからイタリアに来る方は、絶対イタリア語を勉強してから来た方がいいです!
ちゃんとイタリア人が話すイタリア語に触れてから、来ることをお勧めします。


02 : どうやって克服したんですか?

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

常に勉強していました。
現場で働きながら、わからない言葉はスマホの辞書アプリなどで調べていたんです。

料理は見ながら理解できるのですが、言葉ばっかりは…。
ちゃんと話せるようになるまでは、1年くらいかかりました。


Q3 : 大変でしたね…。

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

いえいえ。でも、フィレンツェにいた時は、学校に日本人のスタッフの方がいてくれて、困った時はすぐ連絡できたんですが、ジェノヴァには、日本人はほとんどいなくて。

でも、同じ頃に来た日本人の友人とは連絡を取りあっていたんです。彼らも、僕と同様言葉には苦労していて。
みんな、僕と同じで勉強しながら、日々料理の仕事に励んでいたんです。

こういった励まし合える友人がいたことは、今となっては大きかったなと思います。


Q4 : くじけそうになることはありませんでしたか?

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

もちろん、悔しい思いはたくさんしました。
言葉がわからないので、馬鹿にされたり笑われることもあったんです。

でも今となったら、イタリアの文化というかイタリア人の価値観を知ると、別に馬鹿にされていたわけじゃないんだ、とわかって。

今は、イタリア人のことがわかるので、一緒に楽しく過ごそうと思えるようになりました。


Q5 : インターンシップ、大変そうですが、続けられた秘訣はありますか?

卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

すごく強い意志があったというわけではなく、1年半のインターンを申し込んだんだから、最後まではいよう、と思っていました。

イタリアに来た理由も、もちろんイタリア料理を学びに来たのもありますが、イタリアの雰囲気、イタリア人ってどんな人たちなんだろう、ということを自分でちゃんと感じたいと思って、来たんです。

イタリアって、きっちりしている人には、ストレスが溜まりやすいかもしれません。
でも逆に、肩の力を抜いて、キチキチしないでいると、とても居心地の良い国というか。
「楽しんでいいよ」と言われているような気がしてくるんですよね。

まあ、慣れるまでは、いちいち驚いてしまうんですけど(笑)。

本当に視野が広がりました。




卒業生インタビュー、イタリア料理、フィレンツェ、フィレンツェ料理学園、シェフ養成コース、イタリア、フィレンツェ、イタリア料理留学、イタリア留学、イタリア長期留学、イタリア短期留学

お話を窺ううちに、内田さんの自然体な佇まいが、イタリア生活に馴染み、溶け込めた大きな要因だろうなあと感じられました。

苦労されつつも、決して逃げずひたすら前向きに取り組む姿勢。
本当に素晴らしいです!

次回はいよいよ、イタリアでご自身のレストランを持つに至った経緯を伺います!
お楽しみに!!




イタリア料理留学、イタリア料理修行、イタリア長期留学、イタリア短期留学はフィレンツェ料理学園へ