イタリア家庭料理コース(通訳付き)

イタリア料理の基本は、マンマ(お母さん)の味であると言われ、イタリア料理を学ぶ上で、とても重要な要素がたくさん含まれています。 フィレンツェ料理学園の家庭料理コースは、一言に家庭料理と言っても、前菜からデザートまで、フルコースの実習となり、愛情込めたマンマの味と、美食の街、フィレンツェならではの手法や、素材をふんだんに使ったレシピから、パスタ、ピッツァといった定番のイタリア料理まで、厳選されたレシピを中心に学びます。
どれも美味しく、彩り鮮やかで、帰国後、大切な人に作ってあげたくなるものばかり。
実習は、料理に精通した講師と一緒に、楽しくおしゃべりしながらイタリア料理を学ぶスタイルですが、内容は、プロの料理人も一目置く充実したカリキュラムとなっています。


イタリアのマンマから学ぶ家庭料理 レシピは1ヶ月で65品。

「私たちのキッチンは皆様のご家庭のキッチンとほぼ同じサイズじゃないかな。プロ用のキッチンではなくて、ごくごく一般のご家庭のキッチンでつくることができる家庭料理を伝授します。時には、一緒に市場に買出しに行っていただくこともありますよ。素材選びから、始めることも大切。」


家庭料理は、設備の整ったレストランの厨房から生まれるものではなく、自宅の普通のキッチンから生まれるもの。帰国後もどんどん再現して欲しいからと、レッスンは講師の自宅キッチンで行われます。キッチンでの実習を通じて、イタリア人の生活をかいま見ることができます。

イタリア料理シェフ養成コース

1〜7名の少人数制指導。通訳付きでコミュニケーションもらくらく。

一人ひとりの学生が充実した時間を過ごして欲しい。だからレッスンは1〜7名までと決められています。それに加え、料理実習時間にはアシスタント通訳が付き、疑問に思っていることもダイレクトに先生に質問できて安心です。試食時は、通訳が付きませんが、英語、フランス語、先生の片言の日本語、ジェスチャーも含め、先生とのコミュニケーションを楽しみながらイタリアのできたて家庭料理を楽しめます。

イタリア料理シェフ養成コース

講師について

講師となるのは、イタリアの家庭料理に精通したイタリア人講師。
優しく、面倒見も良く、丁寧で分かりやすい指導に定評があり、料理・講師の経験が豊富です。フィレンツェの優雅な街並を眺めながら、開放感のある講師の自宅キッチンで本場のイタリア家庭料理の習得が出来るのは、かなり貴重な体験になるでしょう。

*講師は1人ではなく複数おります。講師1人に対して、生徒最大7名までの小グループでのレッスンになります。

Page Top