イタリア料理レストランインターンシップ

シェフ養成コースを受講される方は、ほぼ全員がインターンシッププログラムに関心を寄せています。
学園で学んだ事を、直結して本場イタリア人に提供でき、実践に挑める場としては最適なプログラムだからです。
インターン先も、数あるイタリア企業の中から、一人一人のニーズに合わせ、ご提供できるように努めています。

フィレンツェ料理学園のインターンシップの強み

フィレンツェ料理学園のインターンシッププログラムの特徴は、語学力の向上はもちろん、専門的業種にて、職業人としてのキャリアを積み、スキルアップを目的とすることです。
一般的な「語学学校」のインターンシップは、あくまで「語学を学ぶ為のインターン」なので、その技術的内容の習得は、目的ではありません。そのため、確かに語学力はついても、その後のキャリアに結びつけることが難しいことも。
フィレンツェ料理学園のインターンシップでは、職場で専門知識や技術を学べ、そこで得られる技術と知識、経験は、その後、就職に直結します。

インターンシッププログラム
インターンシッププログラム

専属のコーディネーターが責任を持ってレストランインターンシップ先を手配します

インターンシップ先は、イタリアの提携レストランの中から、一人一人の希望と実力に合ったレストランを決定し、専属のコーディネーターが手配します。

インターンシップ期間は、6ヶ月・12ヶ月・18ヶ月・最長3年間。1社目・2社目と、それまでのインターン経験を生かし、一つの業種で、ステップアップをしたり、半年ごとに異なる業種・職種に挑戦したりすることにより、インターン経験を積み、異なるビジネスのノウハウを身につけ、様々な人脈を広げる事も出来ます。

イタリアでは、条例により、インターンシップ中、給与等の支給はできませんが、食事代、通勤費用などの支給がされることがあります。特に、レストランなど飲食業では、食事が提供され、宿泊費用や交通費も支給されることが多くあります。

イタリアの法律では、学生ビザを取得した場合、月80時間以内の労働(アルバイト)が認められています。時給は500円〜700円くらいです。しかし、当然ながらイタリア語を理解し、話せる必要性があり、自分で働き先を見つけるのは非常に難しいのが現状です。
学生ビザの場合、イタリアで月81時間以上働く事は違法です。
詳しくはイタリア大使館、イタリア総領事館へお問い合わせ下さい。
学生ビザを取得して行く、全期間宿泊付きのレストランインターンは時間の制限がありません。
しかも働き先はレストランインターン先リスト(星付き、リストランテ、トラットリア..)から、学校が紹介して下さいます。そして、学校のサポートが付くので安心して留学生活を送る事が出来ます。

インターンシッププログラム
Page Top